奨学金を借りて学生の時にアルバイトをしないでしっかり勉強したほうが良いと思う人も多いようです。

奨学金を使うのは良いことだと思います。

奨学金を使うのは良いことだと思います。 奨学金は積極的に利用するべきだと思います。借金は絶対にしたくないという人もいるかもしれませんが、無利子のものもありますし、そういう人でも一考の余地はあると思います。まず、学生は時間が有り余っているそうです。社会人から見たら人生の夏休みなんだそうです。信じたくないことではありますが仕方がありません。それから、働くと時間がなくなるけど自由に使えるお金が増えるそうです。だから、時間の有り余っている学生のうちにお金をたくさん使って働いてから返すのは理にかなっているのかもしれません。

遊ぶのにお金を使うという意味ではありません。大学に通いながら時給の低いアルバイトでお金を稼ぐよりは、将来就職した時に役立つ知識を得るために勉強したほうが良いということです。企業を見学しに行ったことがありますが、そこで同じ大学の先輩にあたる若い社員の方が学部生の時にきちんと勉強していれば良かったと話していました。学校で勉強することが将来なんの役に立つのかまったくイメージできなければ勉強しようという気など起きるわけがありません。しかし、学年が上がったり、就職したりして主体的に勉学や研究を行うようになると、無駄なことはほとんどないということが分かります。


Copyright(c) 2016 奨学金を使うのは良いことだと思います。 All Rights Reserved.